敏感トラブル対策比較ランキング

【大注目!】腸内フローラを整えて免疫力UP!

さて、【免疫力って何?】で「体温上昇」・「生活環境を見直す」ことによる免疫力の上げ方をお伝えしましたが、「毎日忙しくて、生活環境をすぐ変えるのは難しい…」と感じられた方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は免疫力を上げる手法の1つ「腸内の善玉菌を増やして、腸内フローラを整える」ことについてお伝えしていきます。

バランスが大事な腸内の3細菌

コラム画像01

腸内の細菌は、大きく3つに分けることができます。

 善玉菌  腸の運動を促したり、お腹の調子を整える等、体に良い働きをする。「乳酸菌」が代表的。
 悪玉菌  便秘や下痢等、お腹の調子が悪くなる働きをする。
 日和見(ひよりみ)菌  腸内の善玉菌・悪玉菌の優勢な方に同調して働く。

「腸内フローラ」の細菌は、「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌:7」の割合で存在することが理想的な状態であり、このバランスを保つことがとても大切。

しかしこのバランスは加齢やストレス、食生活、体調等様々な要因によって変化しやすく、特に現代は生活習慣の乱れ等から、悪玉菌が優勢になっている人が増加しているのが現状。
これまでのコラムでもお伝えしてきた通り、腸と免疫力は密接に関係しているため、崩れがちな腸内フローラのバランスを正常にしておくことが、免疫力を高めることにも繋がります。

善玉菌は、悪玉菌の定着や増殖を抑えてくれます。つまり、腸内フローラのバランスを保つためには、善玉菌が優勢な状態を作ることが大切なのです。

善玉菌が優勢な「腸内フローラ」を整える

コラム画像02

善玉菌が優勢な腸内フローラを整えるために、重要なカギを握るのが善玉菌の代表的存在である「乳酸菌」です。
「乳酸菌」は、腸内で乳酸や酢酸を作り、悪玉菌の定着や増殖を防いでくれるほか、腸の運動を正常にしてくれる整腸作用があります。

乳酸菌は食品にも含まれているため、幸いにも外から補うことが可能です。乳酸菌を積極的に摂って腸内フローラを健全な状態に戻せば、アレルギー症状を体の内側から改善していくことに繋がるのです。

コラム一覧
敏感トラブル対策サプリメントランキング