敏感トラブル対策比較ランキング

この敏感悩み、病院に行くしかないの?

コラム画像01

アレルギーによる鼻炎や痒みといった様々な症状。不快感が伴い、生活に支障をきたすレベルとなると、「もう病院で治療しないと治らないのかな…。」と不安に思われる方も多いことでしょう。

確かに専門医にかかることはアレルギー症状を治す手段の1つ。現在は様々な治療法や医薬品も存在し、専門家の意見ということもあり、安心で手堅いように感じられます。
しかし、通院にはそれなりのデメリットも介在します。

今回は、アレルギーを通院で治療するメリットや各治療法、デメリット等をご紹介します。

何科を受診する?

まず、一口にアレルギー治療と言っても、その症状によって専門の科は異なります。先生によっても症状によって得意・不得意な治療があります。
例えば、花粉症の方が皮膚科に行っても、なかなか治療が進まなかったり、改善しない可能性があります。必ず自分の症状に最も合う専門科のもとで治療を受けましょう。専門科については、下記を参考にしてみてください。

症状と受診料一覧
花粉症 耳鼻科、アレルギー科
通年性鼻炎 耳鼻科、アレルギー科
じんましん 皮膚科、アレルギー科、内科(全身に出る場合)
アトピー アレルギー科
口腔アレルギー 耳鼻科、アレルギー科
食物アレルギー 内科(アレルギー科併記)

医療機関での治療法1. 薬による治療

コラム画像02

薬による治療は、最もスタンダードな治療法と言えるでしょう。最近は抗アレルギー剤の種類も増加してきており、それぞれの症状や個人に合ったものを処方して貰えるようになっています。
またアレルギー用の薬と言っても、外用薬(塗り薬等)、内服薬(飲み薬)、点眼薬、漢方薬、点鼻薬などがあります。
どのタイプになるかは個人の症状と専門科の判断次第となります。
このため治療費用も個人によって異なります。

医療機関での治療法2. 薬以外での治療

コラム画像03

アレルギー治療に関する研究が進む現代。薬以外のアレルギー治療法が出てきています。

例えばアレルギー性鼻炎の場合、「アレルゲン免疫療法」という治療法があります。
これはアレルギーの原因であるアレルゲンを注射で少量ずつ体内に投与することで、身体をアレルゲンに慣らしていく方法。「皮下免疫療法」と「舌下免疫療法」の2種類に分けられ、一般的な抗アレルギー薬よりも症状を根本的に改善できる期待が持てるようです。

ただし、薬による治療よりも若干コスト高になる可能性があり、年単位での治療期間が必要となります。

医療機関での治療における注意点

このように、医療機関にかかれば個人の性質や症状に合った治療を受けることができます。
しかしその実、医療機関をもってしても、【コラム2. 敏感悩みはなぜ起こる?】でも挙げたように、アレルギーは個人の体内環境や免疫によって左右されるものであるため、「誰でも100%治る」とも、「治療期間はこれくらい」とも言い切れません。
また投薬による治療はあくまで症状の元を抑えたり沈静化させるものであり、根本を整えてくれるわけでもないため、再発の恐れがないとは言い切れません。

また抗アレルギー剤は副作用として眠気が起こりやすいものが多く、治療費用もその期間や手法によって高くなる可能性があることは留意しておいた方が良いでしょう。

コラム一覧
敏感トラブル対策サプリメントランキング