敏感トラブル対策比較ランキング

遺伝性と後天性の違い

アレルギーは遺伝によって生まれつき備わった「先天性」のものと、環境や生活主観によって成長してから症状が現れる「後天性」のものと、原因によって発症する時期が異なります。
【辛いムズムズ・痒み…敏感な人増加中!】【敏感悩みはなぜ起こる?】で後天性のアレルギーについて解説しましたので、このページでは遺伝性アレルギーについて解説していきたいと思います。

命の危険にもつながるアレルギー

コラム画像01

まずはアレルギーの原因について、おさらいしておきたいと思います。アレルギーは免疫機能が低下することで判断力が弱まり、本来害がないはずのアレルゲンを有害なものと勘違いして抗体を作り出す「免疫の誤動作」が原因で起きます。

アレルギー症状に代表される食物アレルギーについては、重度の症状になると、呼吸困難や意識朦朧状態になったり、命にもかかわるアナフィラキシーショックを引き起こすこともあります。環境の変化により、突如発症する事例も数多くあるため、油断することは禁物です。

残念ながらアレルギーは遺伝します

親子の容姿が似るなど、さまざまな要素が遺伝するように、残念ながらアレルギーも遺伝すると言われています。しかし、意外なことにアレルギーはそのまま遺伝する場合もあれば、異なる症状として現れるケースもあります。つまり、遺伝するのはアレルギーの具体的な症状ではなく、アレルギー体質だということなのです。

しかし、同時にこれは朗報でもあります

コラム画像02

アレルギーが遺伝してしまうのは、今の科学では止めることはできません。しかし、遺伝するのはアレルギー体質なので、根本原因である体質を改善することができれば、複数のアレルギー症状を発症していたとしても、まとめて改善することができるということです。

これまでアレルギー性鼻炎の治療など、症状に焦点を当てた場合、もう一方のアレルギー症状が重くなるなどのケースもありましたが、根本から解決することで、同時進行で改善していくことができるようになるのです。

コラム一覧
敏感トラブル対策サプリメントランキング