敏感トラブル対策比較ランキング

つらいムズムズ・痒み…敏感な人増加中!

コラム画像01

あなたの周りには、「アレルギー」で苦しんでいる人はどれほどいますか?
アレルギーと言っても、「アトピー性皮膚炎」、「花粉症」、「食物アレルギー」、「じんましん」など、種類はさまざまあります。中には、「これもアレルギーだったんだ!?」と思ったものもあったのではないでしょうか。

実は近年、アレルギーを持つ人が増加していると言われています。なぜアレルギーを持つ人が増えたのでしょうか。このページでは、現代のアレルギー事情について解説していきたいと思います。

そもそもアレルギーとは?

アレルギーとは、本来無害であるはずのアレルゲン(アレルギーを引き起こす物質である抗原のこと)に身体が過剰反応することで引き起こされると言われています。アレルゲンは食べ物や化学物質などさまざまなタイプがあり、たとえばハウスダストやスギ花粉など、私たちの日常の身近なところに潜んでいます。

アレルギー人口増加の理由

厚生労働省の調査では、現在日本のアレルギー人口は約6,000万人にも達すると言われており、なんと約2人に1人の計算と言われています。たしかに身の回りでも、花粉症で悩んでいたり、アトピーで悩んでいる人を見かけることもよくあるのではないでしょうか?

コラム画像02

では、そもそも害がないとされているアレルゲンですが、なぜ急にアレルギー症状が引き起こされるようになったのでしょうか。ある興味深い仮説で「衛生仮説」というものがあります。

これは現代の科学や技術の進歩などにより、環境が整備され清潔になったり、より豊かになり生活習慣が向上することで、病気や感染症が減る代わりに免疫系が鍛えられず、アレルゲンに過剰反応しやすくなってしまうという仮説です。

これまでは、アレルギーは遺伝だと考えられてきましたが、現実にアレルギー人口が増加していることからも、環境による要因も大きく影響していると考えられます。

コラム一覧
敏感トラブル対策サプリメントランキング